「潜入した女子校がエロすぎて我慢できねェ!」ネタバレ【羨ましい】

⇒無料試し読みはこちら

※本のタイトルで検索して

<「潜入した女子校がエロすぎて我慢できねェ!」のあらすじ・ネタバレ>

九条雪世が実家の力で裏口入学したのは、世間では超一流と言われている名門の聖白百合女学院。

入学して1週間、何の問題も無いように見えたが、雪世は1つ大きな問題を抱えていた。

それは雪世が男だったことだ。

周りは全て女の子。

ヤリたい盛の高校1年生の男の子には刺激が強すぎる環境。

しかも、名門のはずの女子校のエロすぎる実態が雪世の股間を直撃する。

トイレで虐められていたノーパンの女の子を助け出した雪世。

ひょんなことでノーパン女子と2人でロッカーに閉じ込められることに。

しかもノーパン女子は全裸なのだ。

雪世に助けを求めてすがり付いてくるノーパン女子。

柔らかいカラダに豊満な胸、ビンクの乳首が雪世の股間を刺激する。

屈んだ雪世の顔の前には、まだ未経験のオマン◯が甘酸っぱい匂いを漂わせている。

「もう我慢できない」

ノーパン女子を押し倒しビンクの乳首を口に含むと、甘い吐息が聞こえる。

脚を広げると濡れたオマン◯が目の前に。

指を挿れて中の感触を味合うと、熱くなった膣内からヌルヌルしたものが溢れ出してくる。

「バレたっていい」

雪世は硬く太くなって膣の中にに入りたがっている肉棒を取り出して…。

<「潜入した女子校がエロすぎて我慢できねェ!」の感想>

教室の中で周りの目なんか気にせず、下着姿で着替えをする女子高生。

夢のような光景だけど、当たり前だよね女子校なんだから。

でも、それを見せつけられて大きくなった下半身は隠しきれない。

女子校に潜入するのは男の夢だけど、刺激された肉棒と性欲をどうやって抑え込むかが問題だ。

この物語の主人公の雪世は、途中までは理性が働いているけど、最終的には暴走するタイプだね。

高校1年の男子に、刺激された肉棒と性欲を理性で抑え込ませるのはムリな話だ。

ということで、雪世は見境なく暴走しちゃいます。

虐められてノーパンにさせられている女の子を押し倒して挿入しようとしたり。

バイブで楽しんでいる女の子のお手伝いをして、バイブと同時にローターまで挿入してイカせてあげたり。

イッちゃった女の子に目隠しをしてしゃぶらせたり。

見えなのをいいことに中出しまでしちゃってる。

なんて羨ましいヤツだ!

この後も、いろんな羨ましいことをしてくれるよ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

▼ここで▼無料試し読みできるから読んでみて

⇒無料試し読みはこちら

※「潜入した女子校がエロすぎて」で検索して

会員登録(無料)すると無料で読める本がいっぱい!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Pocket

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする