「先っぽだけって言ったのに…」【ネタバレ感想】押しに弱い子最高

寝取られ

『「先っぽだけって言ったのに…」兄貴の彼女に頼み込んでゴム無しSEX!!』

いつも兄貴の部屋から聞こえてくるあえぎ声。

その兄貴の彼女とふったりっきりのチャンス。

無料試し読みはここから(サイト内で「先っぽだけって言ったのに」と検索)>>

 

イチかバチか土下座でお願いしたら、

ちょっとだけならと、触らせてくれた。

だけど、触ったたけで終わるはずがなく…。

 

「先っぽだけって言ったのに…」のネタバレ

大学受験の大事な時期なのに。

毎日のように兄貴の部屋から聞こえてくるあえぎ声。

童貞の主人公は、いつもムラムラして受験勉強どころじゃない。

 

そんなある日、部屋で兄貴の彼女とふたりっきりの大チャンス。

イチかバチか「1回だけヤラせてください」と、土下座してお願いする。

おどろく彼女に「このままじゃまた浪人する」と、押していく。

彼女がひるんだとこで「ちょっとだけ触らせて」と、必死のお願い。

「ちょつとだけなら」と言ってくれた彼女の胸を、すかさず鷲づかみに。

 

いったん始めるともう止らない。

服をたくしあげ生乳首をクリクリすると、彼女の息があらくなってくる。

彼女の股間に顔をうずめてベロベロ、アソコからマ〇汁が溢れ出す。

 

硬くなったモノを取り出す主人公に、拒否しようとする彼女。

「先っぽだけ」「先っぽだけ」いいながら濡れたアソコにズッホリと・・・。

 

「先っぽだけって言ったのに…」の感想

お兄ちゃんの彼女めちゃくちゃ可愛くて、めちゃくちゃ胸デカくて、めちゃくちゃ押しに弱い。

押しに弱い子はいいね。

彼女たちはビッチではなく、断り切れないだけなんだ。

そんなかわいい子が住みやすい世の中になって欲しいわ。

 

この作品は、展開としては王道で兄貴の彼女をネトルはなし。

主人公も必死でおねがいしてて、嫌みがない。

あんなお願いのされかたしたら、押しに弱い女の子ならイチコロだよ。

 

彼女は爆乳で、ちょっと乳首触られたら息があらくなるほど感度がいい。

アソコを舐められてイッてしまってるしね。

 

無料試し読み

無料会員登録すると、試し読みできる本が増える

サイト内で「先っぽだけって言ったのに」と検索してね

▼▼▼▼▼

無料試し読みはココから>>

 

 

 

Pocket

タイトルとURLをコピーしました