「解放特区学園エンコー部」ネタバレ・感想【2つの穴でイカせます】

<「解放特区学園エンコー部」のあらすじ・ネタバレ>

解放特区学園の制服は、下半身がハイレグになっているセーラー服。

凛紗(りさ)と雫音(しおん)は解放特区学園の援助交際部(エンコー部)の部員。

(デリバリーセックス)

今日の凛紗の部活は、指名してくれたおじさんの家。

いきなりのキスで凛紗の唾液を飲み干しながら、お尻を撫で回すおじさん。

シックスナインでお互いの性器を舐め合い、おじさんは固くて太くなり、凛紗はグショグショに。

ハイレグの制服は脱がずに、おじさんのザーメンを何度も膣で受け止め、凛紗自身も覚えて無いくらい気持ちよくなって今日の部活は終了。

(アナル痴漢)

凛紗が電車で帰っていると、お尻を触る手が。

解放特区でも痴漢はダメ!

なんて思ってた凛紗のアナルに指が伸びてきて……。

凛紗は痴漢をトイレに連れてって、アナルでサービス。

痴漢にアナルをいっぱい犯されて、すごく幸せな凛紗。

アナルに注ぎ込まれた大量の精液をトイレに流して、ついでにオシッコもして帰宅しました。

(秘密のレズプレイ)

家に着くと、凛紗の帰りを待ちきれなかった雫音が電マを使ってオナニーを。

もう準備万端の雫音はさっそくザーメン臭い凛紗のオマン◯とアナルを舌でお掃除。

雫音は部活で疲れてる凛紗を双頭バイブで攻め立てる。

オマン◯の双頭バイブでイッたら、今度はアナルに双頭バイブを打ち込んで、一緒にイッて大満足。

(無人島乱交ホックス)

今日は海にやって来た2人。

布の面積が極端に少なくて形もいびつな水着で、おじさんたちと部活に精を出します。

お口で固く太くした肉棒を前の穴と後ろの穴に同時に入れてもらって、大量のザーメンを注ぎ込まれ、大喜びの2人でした。

 

<「解放特区学園エンコー部」の感想>

ハイレグのセーラー服で電車に乗ってるんだよ、絶対痴漢されちゃうよね。

凛紗ちゃんは、オマン◯もアナルも一級品なんだ。

一日におじさん2人とレズ、オマン◯もアナルをフル活用して、ヤルために生まれてきたような娘だね。

それと、あんな水着で普通の浜辺歩いたら捕まっちゃうよ。

だって、ワレ目もアナルも丸見えだから。

そこは、無人島だからいいけど。

とにかく全編休む間もなくヤリまくってます。

凛紗ちゃんの中に注ぎ込まれたザーメンは尋常じゃない量です。

中出しとアナルが好きな人は大好物かも?

一つの不満は、性器の描写がロリっぼくて可愛すぎたこと。

もうちょっとリアルでも良かったかなと思った。

これも好きずきだけどね。


↑購入・試し読みは画像をクリック↑

Pocket