「女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。1」ネタバレ感想【エロは突然に】

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。

無料試し読みはここから(漫画のタイトルで検索)>>

<「女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。1」のあらすじ・ネタバレ>

相川壮介は、ぼろアパートに住んでるフリーター。

唯一の癒しは若くて美人な大家さん・清水由紀との挨拶だけ。

夜勤明けで寝ていたら、ドンドンッ!と今日も上の部屋がうるさい。

上の部屋に注意に行くと、タンクトップに短パンという肉感的な姿で出てきた女の子・羽生砂生が可愛くてすぐに許しちゃう。

部屋に戻り、女優を目指していると言う砂生の姿を思い出しながらシコッていた壮介。

急に天井に穴が開き、砂生の下半身がぶら下がってる。

助けようとして立ち上がった壮介の顔がちょうど砂生の股間に当たる。

砂生が驚いた拍子に天井に穴が大きくなって、壮介の上に落ちてきた。

シコッてた途中で大きくなっていた壮介のチン◯に砂生のマン◯がズボッと入っちゃった。

奇跡のエロハプニングで我慢できなくなった壮介は、目の前にある大きな胸を口に含み舐め回す。

嫌がっていた砂生も壮介が奥まで突き刺すと気持ちが良くなってきて自分から腰を動かし始めた。

そこへ騒ぎを聞きつけた大家の由紀が入って来て、二人が重なっている所を目撃する。

なんとか壮介が事情を説明すると、腐敗した天井が抜けたのは大家の責任だからと、砂生を大家の部屋へ移し大家の由紀は壮介と一緒に暮らす事に。

その夜、隣で寝ている由紀の寝姿にムラムラっときた壮介は触るだけならと、由紀の寝間着をたくし上げ巨乳を揉みだした…。

壮介を挟んで由紀と砂生、3人のエロっぽいセックスライフが始まった。

 

<「女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。1」の感想>

冒頭の大家さんの黒タイツ姿にやられました。

とっても美人でスタイルの良い大家さんの黒タイツ姿が大好きです。

この作品はフルカラーで絵がとても綺麗だから、卑猥な感じが薄まっているようにも思う。

だから、卑猥で生々しい感じの絵が好きな人には不向きかも知れないね。

でも、二次元の可愛い子や綺麗な人がセックスしている姿を見るのが好きな人にはオススメだよ。

セックスシーンもいいんだけど、大家さんのシャワーシーンが上品な色気があって良かったです。

セックスシーンは、いろんなシチュエーションがあるから好みのシーンがあると思う。

この作品は『じょしおちっ!』のタイトルでアニメにもなってるから、アニメが好きな人はそちらでも楽しめる。

さらにVR動画もあるから、砂生が壮介の上に落ちてくる臨場感を味わいたい人はどうぞ。

<「女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。1」無料試し読み

漫画のタイトルで検索すると無料試し読みが出来る

無料試し読みはココから>>

無料会員登録すると無料で読める本がいっぱいあるよ!

Pocket

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする