「JK(自宅監禁)SEX」ネタバレ感想【放心状態の女を犯す】



<「JK(自宅監禁)SEX」のあらすじ・ネタバレ>

自宅に1週間1人で留守番することになった女子高生の真美。

インターホンがなり出てみるとナイフを持った男が立っていた。

男は以前から真美を狙っていたストーカー、真美が1人だと知って侵入してきたのだ。

男は逃げようとする真美を押し倒し、ナイフを突きつけながら服を脱がしていく。

最後の一枚を脱がされそうになり、必死で抵抗する真美だが男の力には勝てない。

真美のピンク色でまだ未使用のオマン◯を舐め回し、処女の匂いに喜ぶ男。

処女のオマン◯をたっぷり味わい指で弄んだ男は、痛がる真美の反応を楽しむようにゆっくりと挿入していく。

処女膜を破られたオマン◯から、わずかに血が流れ出す。

痛がり「やめて」と叫ぶ真美の声を聞きながら、男の腰は動きを早めていく。

男は正常位から横へ、そしてバックへと体位を替えながらカラダを楽しみ、真美の膣に大量の精液を流し込んだ。

処女を奪われ中出しまでされた真美。

オマン◯から流れ出る男の精液にも気づかず、放心状態で横たわっていた。

親が帰ってくるまで1週間あると知っている男は、放心状態の真美をペットへ運んでいく。

真美の地獄の1週間が始まった…。

<「JK(自宅監禁)SEX」の感想>

真美ちゃんはショートヘアがよく似合う、とっても可愛い女の子。

そんな女の子が変態のストーカーに処女を奪われ、1週間も陵辱されるんです。

男の行為は日毎にエスカレートしていきます。

フェラならの口内射精、縛ってオマン◯にバイブを突き刺し、ソーププレイをさせ、寝る時も挿入したまま。

一日トイレに行かせてもらえずアナルを犯された真美は大量のお漏らしまでさせられてしまった。

真美にとっては地獄。

男にとっては天国。

真美ちゃんが初めて犯されて放心状態になってた時の顔がすごくエロかった。

フェラ顔やアナルを犯されて痛がる顔もすごくエロかった。

真美ちゃんのそんな顔が見たい人はオススメです。



↑購入・無料試し読みは画像をクリック↑

Pocket

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする